40から始まるバイクライフ

普通自動二輪取得への道 2日目(二1-S、普11)

投稿日:

「40から始まるバイクライフ」担当のアフロです。

SK技能終了から数日後、雨が降る中、再び教習所にやってきました。
今日は、「二1-S」と「普11」の2コマ。

「二1-S」という技能は、シュミレーターなので、自動車側の建物2階にあるシュミレーター室で行うこととなる。
シュミレーター室では髪をグリーンに染めた若いにーちゃんと自分と教官での異様な雰囲気だが、教官も慣れているのか完全スルー。

シュミレーター室のバイクは、ゲームセンターでよく見るバイクゲームとほぼ一緒w
バイクにはちゃんとHONDAのキーが刺さっており、ONにしないとセルボタンでエンジンもかからないし、キーをoffにするエンジンが止まるなど、変なところで芸が細かいwwww

肝心のシュミレーターの内容は、急ブレーキ時のABSありとなし違いやその際の前後ブレーキの配分を測定されたり、例によって教官から指示された速度でカーブに挑みガードレールに激突したりとGREEENのにーちゃんと一緒に安全について学んだ。

シュミレーターが終わり、次は技能だったため急いで二輪用のプレハブ小屋への移動。
外に出ると雨はすでに止んでいたので雨での技能ではなくてよかったと思っていた。

前回教わったヘルメットやプロテクターを準備して慌てて装着。
そして開始のチャイムがなり、体操と今日の技能についての説明を受けているとなぜか肘と膝が冷たい・・・
どうやら雨が降っていた時に使っていたプロテクターだったぽく、開始前から肘と膝がしっぽりと濡れ気持ち悪い。。。
交換する暇がある訳もなくちょっぴり残念な気持ちのままバイクに跨り慣らし運転となった。

今回の技能は、S字とクランク!
最初に教官の後ろに乗り、S字とクランクのコースやコツを指示された後、自分の番でひたすらS字とクランクのコース回るのだが、教官が後ろからピッタリ張り付きながら指示をしてくるのでものすごいやりにくい。すごい緊張感!

半クラのしすぎで、ものすごい左手が疲れたが、なんとかクリアしてハンコを頂いた。

次回からは練習コースを廻るので書いてコースを覚えてこいと白紙のコース図を渡される。
練習コース図にはウィンカーの点灯/消灯位置、寄せる位置、左右確認位置、加速/減速位置など細かく書いてある・・・

-40から始まるバイクライフ

Copyright© ムサニ|武蔵野二輪同好会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.