後には引けないリターンライダー

タイヤ交換とビードストッパーの装着

投稿日:

CRMがしまってあるコンテナの鍵を持っていて、いつも整備をしてくれている友人から突然LINEが届く。

リヤチューブ失敗したw
あとでパッチ貼っておく。

どうやらCRMのタイヤを交換してくれたようだ。ありがたい。

ありがたい友人だが作業は気まぐれ。タイヤ購入し、交換をお願いしたのは今年の1月だったりする。だがタイヤがすり減ったから交換するというわけではなかったので特に問題はなかったのだ。

最初にタイヤ交換した際にタイヤ店の店主に勧められるがままに装着したブリジストンのWT301/WT302ともお別れとなる。WT301/WT302は決して悪いタイヤではなかった。オフロードではハードなところでなければ安定していたが、走っているうちに物足りなさを感じるようになった。オンロードでは滑り出しもわかりやすく扱いやすいという印象を持った。初めてのオフ車と言って店主に選んでもらったタイヤだけあって、まさに無難なタイヤだった。

新たに装着されたタイヤはIRCのVE33/VE35。完全にオフで楽しもうとこのタイヤをチョイス。まだ林道に行っていないのでなんとも言えない。ブロックの高さを見ても期待が持てるのだが、仕事が忙しく年内に林道に行けるかどうかが一番の課題。

IMG_8998IMG_8999

併せて購入し、タイヤ交換の際に一緒に着けてほしいと頼んであった部品も取り付けられた。

IMG_9001

そう、ビードストッパーだ。悪路でのグリップ力を上げるためにタイヤの空気圧を下げるのだが、下げすぎるとタイヤがリムからズレてしまいチューブのエアバルブを切ってしまったりすることがある。それを防止するスグレモノ。これで安心して空気圧を下げることができる。しかし繰り返すが、仕事が忙しく年内に林道に行けるかどうかが一番の課題。

凍結路面になる前に林道へ遊びに行きたいところだ。

-後には引けないリターンライダー

Copyright© ムサニ|武蔵野二輪同好会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.